Home > Music > Music 2009

2009.09.25

Basement Jaxx – The Videos

Basement Jaxxを初めて知ったのは,イギリスのテレビで流れていた”Oh My Gosh”のPV.すごく面白いPVだったのが印象的だったけど,特に深追いもせず.最近になって,”Where’s Your Head At”や”Red Alert”も同じアーティストだったことを知り,YouTubeを漁って一通りPVを見てから,DVD購入を決意.YouTubeにリンクを貼ると後が面倒かもしれないので,YouTubeで検索して観て気に入ったらDVDを買って下さい(amazon.co.ukでGBP9.63).

#1の”Red Alert”は,隕石が落ちてきて,みんなが踊るゾンビと化す内容.曲もPVもすごすぎ.1999年に日本でもラジオチャートで1位になっていたらしい.当時はぜんぜん知らなかったなぁ・・・.#2の”Rendez-Vu”は,じゃんけんでケリをつけて,最後は犬の夢だったというオチ.#3の”Jump N’ Shout”は,最初は英語ではないと思っていたら,所々英単語のようなものが聞こえるので歌詞を調べて見たら,ほとんど英語だった・・・.歌詞を見てもスラングが多くて全然意味が分からない.#4の”Bingo Bango”は,ラテン系のノリのよい曲.PVは東京の風景や人々を撮したもので,撮影時期は,サンバDEアミーゴが映るので1999年以降のはず.自分が東京に来てすぐの頃って,こんなに古くさかったっけって驚きます.#6の”Romeo”は,インドの踊りを取り入れたPV.

#8の”Where’s Your Head At”は,絶対に一度は観るべきPV.ポップ音楽の最先端を見せると言って呼ばれて来た場所は,ミュージシャンの脳を猿に転送するという実験室だったというストーリー.曲もイイと思うのだが,意外と売れていなくてUKでは9位,USのダンスチャートでも3位止まりだったらしい.#10の”Good Luck”のPVも全般的にインパクトがあるが,ボーカルの姿と声が特に印象に残る.#11の”Plug It In”のPVは,最後にブタのお面をかぶるところがすごい.#12の”Cish Cash”のPVはすごく綺麗でカッコイイ.#13の”Oh My Gosh”はBasement Jaxxを知るきっかけになったPV.歌詞と老人ホームの風景のマッチが面白い.

と,どれもこれも観ても聴いても楽しいビデオクリップ集になっています.このDVDにPVとしては収録されなかったけど,”Do Your Things”という曲のPVも面白いのでオススメです.

2009.09.24

Travis – Singles

このCDはシンガポールに学会に行っていたときに,ショッピング街のHMVで思い立ったように購入(いくらだったか忘れました).その時,シンガポールのHMVのアジア部門1位は,平井堅のアルバムでした.

Travisの曲はたまに耳にすることがあったけど,まとめて聴いたことが無かったのと,新型レガシィのCMで流れていた”Walking In The Sun”にknocking downされて,ベスト盤の購入を決意.曲作りがどことなくスピッツと似ているし,日本でもっと注目されてよいアーティストだと思います.

#1の”Sing”は殿堂入りの名曲.PVはなぜか料理を投げ合うというもの.#6の”Walking In The Sun”のギター・アルペジオは覚えてみたい! オススメの一枚です.

NOW 73


CD WOW! というどこの国の会社なのかよく分からないネットショップで試しに1,850円で購入.amazon.co.uk よりも出荷に時間がかかったけど,無事に到着.なぜか発送元はオーストラリア.

恒例の知っていた率はDisc 1で86.4%,Disc 2で77.2%とかなり上昇.

Disc 1の好きな曲は,2, 4, 5, 6, 9, 15, 16.最初の曲はLady GagaのPoker Face.Lady Gagaという名前は,容易に想像がつくようにRadio Gagaからとったらしいが,Lady Gagaの曲はあんまり好みではない.今年最もブレークしたアーティストであることは間違いない.#2の”Evacuate the dancefloor”は,いかにもな歌詞.#4はお気に入りのCalvin Harrisの新曲.PVはアブナイので,イギリスでは放送禁止になったらしい.#5は,80年代のエレクトロポップっぽいのに斬新なLa Rouxの”In For The Kill”.#15を歌うAgnesはスウェーデンのアイドルオーディション番組の2005年優勝者で,インターナショナルなヒット曲はこの”Release Me”が初らしい.#16はFreemasons feat. Sophie Ellis-Bextorの”Heartbreak”.Sophie Ellis-Bextorというと,”Groovejet (If This Ain’t Love)”がとにかく名曲(あと,美人です).

Disc 2の好きな曲は,7, 8, 14, 15, 16, 18, 20.#5は,The Black Eyed Peasの久々の新曲”Boom Boom Pow”.音楽という感じはしないが,なぜかインパクトに残る曲.イギリスでは5/17に1位になって,その後2週間連続で2位になるものの,6/7にまた1位に返り咲くというロングヒット.The Black Eyed Peasの1位は,あの有名な”Where Is The Love?”に続いて2つ目らしく,意外と1位をとってなくてビックリ.#9は,Elton Johnの”Tiny Dancer”のリミックス.このくらい変えてくれると聴いていて楽しい.#10のPitbullの”I Know You Want Me”も,今年を代表する曲になりそう.#18は,いつもいい曲を聴かせてくれるJames Morrisonの曲.去年の9月にリリースしたアルバム「Songs for You, Truths for Me」からのシングルカット.このアルバムを買ってしまいそうです.

2009.05.04

Now: That’s What I Call Music, Vol. 72

NOW 72をamazon.co.ukから£10.78で購入.クレジット決済したときのレートが£1=150円なので,1600円+送料くらい.聴いたことあった率は,Disc 1で82%,Disc 2で71%と,やや高.

Disc 1のお気に入り曲は,#3, #4, #5, #10, #17, #18, #19.#1のLily Allen「Fear」はUKチャート4週連続1位.#2のLady Gagaは,今年最も活躍している新人アーティスト.Lady Gagaという名前は,もちろんQueenの「Radio Ga-Ga」から付けられている.

#3の「Right Round」は,Dead or Aliveの「You Spin Me Round (Like a Record)」からのサンプルだが,まったく別の曲に仕上がっている.#4の「The Boy Does Nothing」は,タイトル通り家事もしない,ダンスも出来ない男がテーマ.日本男児は踊りでsecond chanceをゲットしないと.この曲を歌っているAlesha Dixonは,Mis-Teeqの元メンバー.#5を歌うThe Saturdaysは2007年の結成.メンバー構成や曲調からGirls Aloudを連想させるが,Girls Aloudのツアーのサポートメンバーもしていたらしいから,納得.

#17の「Can’t Get Over」のSeptemberは,UKでは「Cry For You」のヒットで有名(NOW 70にも収録).#18は,Robin S.の「Show Me Love」(1993年)のリミックス.#21を歌うAlexandra Burkeは2008年X Factorの優勝者.

Disc 2のお気に入り曲は,#3, #6, #7, #11, #12, #13, #18, #21.#3はNelly FurtadoをfeaturingしたJames Morrisonの曲.James Morrisonの中では,一番のヒット曲(UKでピークNo.2)になったらしいが,「You Make It Real」や「Please Don’t Stop The Rain」の方が好きなので,ちょっと意外.#7の「Breakeven」は,The Scriptの曲の中では一番好き.#11のU2の「Get On Your Boots」は,歌詞もそうだがPVもメッセージ色が濃い.

#12のMGMTは,この「Kids」でNOW初登場だが,UKにおける1stシングル「Time To Pretend」あたりから,ヒットの兆しが.#13はThe Progidyの久々のヒット,「Omen」.The progidyと言えば,「Firestarter」のインパクトのあるPVが忘れられません.#18のDaniel Merriweather feat. Waleで,#15とは逆のパターン.Amy Winehouseが歌う「Valerie」をプロデュースしたMark Ronsonがプロデューサーとして加わっている.

#21の「Islands In The Stream」の原曲は,Bee Geesが作って,1983年にKenny RogersとDolly Partonがリリースしたシングル.このバージョンは,2009年のComic Reliefというチャリティイベントのシングル.歌っているのは,”Gravin & Stacy”というコメディでVanessa JenkinsとBryn Westを演じている,Ruth JonesとRob Brydon.”Gravin & Stacy”はまだ観ていないが,Ruth Jonesは”Little Britain”や”Nighty Night”,Rob Brydonは”Supernova”等で観たことがあり,かなり有名なコメディアン.YouTubeにComic ReliefのPVがあって,VanessaとBrynがカラオケ世界大会のウェールズ代表になって,ラスベガスで優勝するストーリー.このビデオには,Tom JonesやBee GeesのRobin Gibbも出演している.

Tonight – Franz Ferdinand

前々から買いたかったFranz Ferdinandの3rdアルバム「Tonight」.amazon.co.ukから£6.07で輸入.1曲目の “Ulysses” がトヨタのCM,3曲目の “No You Girls” がiPod TouchのCMに使われていて,先週はオンタマに出演していたりと,洋楽に詳しくない人でも,知っているのではないかと思う.

もともとFranz Ferdinandは,アートロックでありながら,ちょっとノスタルジック雰囲気を醸す曲が多かった.しかし,このアルバムでは,ダンスミュージック的な要素を全面に出し,新しい境地を切り開いている.2ndアルバムに収録されている「Do You Want To」あたりが,今回のアルバムの方向性を示していたと言えるが,思い切ってカッコいい曲を作る姿勢に,感心してしまう.アルバムとしての出来は,今までで一番良いのではないかと思う.

お気に入りのトラックは,1, 2, 3, 4, 5, 8, 10.1曲目の”Ulysses”は聞き慣れない単語だが,ギリシャ神話のオデッセイのラテン語.トヨタのMARK X ZioのCMに使われているが,ホンダのCMでなかったところが残念.3曲目の “No You Girls” は,ベースとリフだけで,曲が80%完成していて,メロディーはサビ以外は超適当だけど,それがいい.