Home > Music > Music 2008

2008.11.29

NOW 71

NOW71をアマゾンUKで£11.98にて購入.購入時の為替レートが£1=141.5円だったので,日本円に換算にすると1,695円.ちなみに,NOW71を日本のアマゾンで購入すると2,486円,HMVで購入すると4,530円もする.

アマゾンUKからの日本への送料(CDとDVDの場合)は,1回の配達あたりの固定費が£2.09,CD/DVD1枚につき£1.49.今回は他に3点購入のまとめ買いで,送料は£8.05=1,139円だった.洋楽のCDやイギリスのDVDをまとめ買いするなら,日本のアマゾンよりもお得になることがある.イギリスのバブル崩壊・景気後退,恐るべし.

恒例の聴いたことあった率は,Disc 1で83%,Disc 2で59%と低め.

Disc 1のお気に入り曲は,#1, #2, #4, #5, #9, #12, #16, #17, #22

先頭を飾ったのはGirls Aloudの「The Promise」.どこかで聞いたことがあるような無難な曲作りだが,オリジナル曲らしい.日本のアイドルもまともな音楽を歌って欲しい.

#2は今年一番物議を醸したと思われる,Katy Perryの「I Kissed A Girl」.歌詞に自分が共感することはないけど,別に特殊なことではなく,「まぁそんなもんだろ」という感じは同意.曲もカッコイイし,PVもそれっぽくてインパクトがある.Youtubeには早速”boy”バージョンのパロディがあって,ウケた.

#5のKid Rock「All Summer Long」は,カントリー調の緩めのロックナンバー.夏頃ラジオでヘヴィー・ローテしていて,イギリスなどのヨーロッパ各国やオセアニアで週間チャート1位を獲得.たまにこういう曲を聴くのも,新鮮でリフレッシュされますね.

#9,Madconの「Beggin’」は,The Four Seasonsが1967年に発表した曲のカバー.完全に今風の曲に生まれ変わってます.The Four Seasonsと言えば,「Sherry」と「君の瞳に恋してる(Can’t Take My Eyes Off You)」が非常に有名.同じくThe Four Seasonsの「Rag Doll」を久々に聴いて,懐かしさがこみ上げてきました.

#12の「You Make It Real」はJames Morrisonらしい曲.

#15を歌っているのはコメディアンのPeter Kay.スター発掘番組「X Factor」のパロディ.曲を作っているのはTake ThatのGary Barlowなのか.すげぇ.Peter Kayは,これまでにも「Is This the Way to Amarillo」や「I’m Gonna Be (500 Miles)」など,楽しいカバー曲で有名.

#16はベースがカッコイイ! #17を歌っているThe Saturdaysは,比較的最近結成された女性5人組グループ.

#22は,「Call On Me」や「Proper Education」で有名なスウェーデンDJ,Eric Prydzの「Pjanoo」.Youtubeで話題になり,イギリスの週間チャートで2位に.こういう曲がちゃんと売れるのはいいことだ.

Disc 2のお気に入り曲は#1, #2, #3, #4, #9, #10, #19

#1は,日本でもCMが流れているColdplayの「Viva La Vida」.文句の付けようが無い.#2はThe Scriptの「The Man Who Can’t Be Moved」.アルバムを買ってしまいそう.#3はRazorlightの新曲.PVでは,炎の前にしたJohnny Borrellがハンサムすぎ.#4は日本で聴いたことがあるように思っていたが,気のせいか.

#6の「Shut Up and Let Me Go」は,個人的にツボにはまっている,The Ting Tingsのサード・シングル.前のシングルの「That’s Not My Name」もそうだが,これで曲にしてしまうスリル感がたまらない.最初のシングルは「Great DJ」で,サントリーのダイエットビールのCM曲だったのか.知らなかった・・・.

#10は,Guru Joshが1989年に発表した「Infinity (1990s… Time for the Guru)」のセルフ・リミックス.このバージョンはカッコイイが,1989年バージョンは,かなりダサダサのアレンジ.PVは女の人が踊るありがちな系.

2008.10.06

NOW 70

NOW70は£14だった(日本よりもちょっと安い).hip hop系の曲が多かったわりには,すでに聴いたことがあった率がDisc 1で91%,Disc 2で76%と高かった.

Disc 1のお気に入り曲は,#2, #5, #6, #14.

CDの先頭を飾ったのは,Estelle feat. Kanye Westの「American Boy」.好きでも嫌いでもなく.#2はノリのよいヒップホップ/ダンス・ナンバー,「Dance wiv Me」.Calvin Harrisのアレンジがかっこよすぎ.#3は,日本でも有名な「雨に唄えば」のリミックス.#5の「Warwick Avenue」はロンドンの地下鉄の駅名.この曲のPVは,Duffyがタクシーの中で曲を歌いながら大粒の涙を流すというもの.Duffyは最近来日してテレビに出ていたけど,あのメイクと片言の日本語とのギャップがキュートだった.#6は,Sara Bareillesのデビューシングル「Love Song」.Saraはすごく美人だが,私と同じ年生まれなので,そろそろ三十路.この曲が良すぎるだけに,次に続くか微妙.#10のKylie Minogueの「In My Arms」も,実はCalvin Harrisが手がけている.#14「That’s Not My Name」は,曲の作り方が面白い.私のリスニング力では,”Stacy”が”sexy”に聞こえてしまう.#22は,iPodのCMでもお馴染みの,Coldplay「Violet Hill」.

Disc 2のお気に入り曲は,#6, #7, #19, #20.

#6は,Leona Lewisの「Better in Time」.Leonaは北京オリンピックの閉会式でも歌っていた.#10は,The Scriptの「We Cry」.イギリス出張の時にアルバムセールス1位になっていて,買うか迷ったが,とりあえず寝かしてみることに.今年を代表するバンドであることは間違いなさそう.#19のPVは,セクシーな女の人がサッカーをするという,向こうのPVではありがちなパターン.

2008.08.29

Once Upon a Time in the West – Hard-Fi

イギリスで£5で購入したCD.前々から買いたいとは思っていたけど,微妙に古くなっているCDなので,イギリスに行くまで我慢した.

Hard-Fiは,前作のデビューアルバム “Stars of CCTV” が発売から5か月かけて1位(UK)になった実力派.本作は発売週で1位(UK)だったらしい.トラック#1のSuburban Knightsの「うぉーうぉーうぉー」がかっこよい.

2008.05.25

Haarp – Muse

2007年の Brit Award Best Live Act を文句なく決定づけた Webley Studium ライブを収録したCD/DVD.2007年6月16日の演奏がCDに,17日の演奏がDVDに収められている.私にとってMuseは最も好きな(現存する)イギリスのバンド.

ボーカルの Matthew Bellamy の圧巻のファルセットや,ギター演奏はもちろんのこと,ピアノをさらりと弾きこなすあたりに惚れ直した.

2008.04.25

NOW 69

NOW 69 を購入.購入前から知っていた曲の数は,Disc 1で10/22,Disc 2で 15/20 .Disc 1で50%を割り込んでしまったけど,忙しかったから仕方がないか.

Disc 1の1曲目は,ポストAmy Winehouseと注目されているDuffyの「Mercy」.歌はAmyの方がやっぱり上手いと思うけど.8曲目の「Work」は,先にリリースされていたオリジナル・アルバムでのバージョンは全然ダメなアレンジで,このFreemasonsのリミックスで生まれ変わって売れたらしい.14曲目のKylie Minogueの「Wow」は,いかにもKylieらしいノリのよい曲.

Disc 2の1曲目を飾る「Chasing Pavements」 を歌うAdeleは,Disc 1のDuffyと並んで,「New Amy」と呼ばれているらしい.6曲目の「Goodbye Mr A」は,「Worried About Ray」でメジャーになったHoosiersの曲.9曲目,Scouting for Girlsの「Elvis Ain’t Dead」は,タイトルを知らないとこの歌詞がサビで何回も発せられているのに気づきません.15曲目は,最近お気に入りのAmy MacDonaldの「This Is The Life」.16曲目は,今年のBrits Awardで女性ソロ歌手部門の賞を取ったKate Nashの「Pumpkin Soup」.PVは「猫が雑」.

2008.04.23

Game – Perfume

秋葉原Tower Recordで限定版を購入.邦楽を買うのはYUIの「CAN’T BUY MY LOVE」以来,一年振り.

文句なしに良いと言えるアルバムです.メロディをきちんと作っているし,曲の展開なども,聴いていておもしろいです.アレンジがややありがちなので,もう少し頑張って洋楽に近づけて欲しいところ.ただ,軽めの声質と歌唱力のバランスを考えれば,このくらいが丁度よいのかもしれません.歌詞は,ちょっと年齢層が低いけど,他のアイドルの歌のように恥ずかしくなるものではないので,聴けます.ヴォーカルにピッチシフトを積極的に使っているので,歌唱力は謎です.ダンスも上手いと言われているけど,アイドルにしては上手い程度かなぁ.好きな曲は,01「ポリリズム」,05「チョコレイト・ディスコ」,06「マカロニ」.

結成して8年,すぐに売れそうな路線に行くのではなく,よく辛抱強くやってきたものだなぁと感心します.これからもアーティストとして頑張ってほしいと思います.