Home > daily life

2011.04.18

仙台市中心部の生活・環境について

まず,最初に断っておきますが,これから書く内容は仙台市青葉区の中心部(仙台駅や県庁周辺)の話です.仙台市は,東は海,西は山形県に面していて,地震の被害状況が場所によってかなり異なります.海岸に近い地域の被害は悲惨で,瓦礫の撤去作業が完了するまでに半年~1年はかかると言われています.一方,仙台市青葉区の中心部は,震災の被害がないわけではありませんが,被害甚大な地域の方に申し訳ないと思うくらい,日常を取り戻しています.インターネット上を探しても,仙台市中心部の生活・環境に関する情報が乏しく,心配されている方が多いと思いますので,このエントリで仙台市中心部の現状報告をいたします.

■ ライフラインについて

  • 電気・水道は復旧しています.
  • 都市ガスは復旧が遅れていたものの,今では復旧しているところが殆どのようです.
  • 私の家はLPガスですが,震災の影響を受けなかったようです(と,アパートの人から聞きました).
  • 自分が使っているキャリアである,Willcomとイーモバイルは普通に使えます.他の人も,普通に携帯が使えているようです.
  • 光インターネットを申し込んだものの,開通工事がGW直前になってしまいました(新規工事なので仕方がないところ).他の人の状況を見る感じでは,インターネットは普通に使えているようです.
  • 郵便・宅急便とも,ほぼ通常通りの日数で配達されます.
  • 生ゴミの収集は平常通りに戻っています.プラスチック類は,4月末に再開予定のようです.

■ 物資について

  • スーパーの行列は3月末(私が来る前)の時点で解消しています.
  • スーパーではあらゆる物が買えます.ヨーグルトは品薄気味ですが,全く買えない訳でもありません.牛乳は潤沢にありますし,ミネラルウォーターも買えます.カップ麺やパンも普通に売っています.
  • ガソリンスタンドの行列は4月上旬あたりで解消しています.レギュラーガソリンは153~155円/lと高めですが,並ばずに給油できます.
  • 営業時間の短縮はあるものの,デパートは平常通り営業しています.
  • 色々なお店で復興応援セールが行われています.だいたい2割引のお店が多いような気がします.

■ 外食について

  • 都市ガスの復旧の遅れにより,営業が再開出来なかった店が少なくありませんでしたが,今ではかなりの店が営業を再開しています.
  • ガスや材料の調達の都合により,特別メニューになるところが多くありましたが,それも解消傾向にあります.
  • 店を開けたものの,お客さんがあんまり戻ってきていないと聞きます.まだ消費するというマインドには遠いようです.

■ 交通について

  • 仙台市の地下鉄は,台原より北の区間を除き,平常通り運行されています.
  • 仙台市のバスは休日ダイヤで運行されていましたが,4月18日より平日・土・日祝の平常ダイヤに戻りました.
  • ラッシュ時の車の渋滞はものすごいです(震災の影響だけではないと思いますが).
  • 東京への交通は,高速バスの他,仙台空港からの臨時便,仙台-福島間を在来線でリレーした新幹線が使えます.仙台からの新幹線は4月25日から復旧予定のようです.

■ 放射能の影響について

仙台市は,福島第一原子力発電所から北に100kmくらいの位置にあります.仙台市中心部の放射線量は,今日現在で0.08~0.10μSv/hくらいです.仙台市青葉区の放射線量は,以下のサイトから情報を得ることができます.

これらの測定値がほぼ一致しているので,測定データは正確だと思います.この,0.08~0.10μSv/hという値は,平時の2倍くらいの放射線量です.仙台は平時の値がもともと低かったようで,現在の放射線量の値だけを比較すれば,仙台も東京も大差がありません.私は,環境中の放射線量が1μSv/h以下で安心,3μSv/hで警戒,30μSv/hで脱出準備,300μSv/hで緊急脱出という基準を,自分なりに設定しています(妊婦や乳幼児に対応する基準なので若干厳しめです).この基準に照らし合わせると,仙台は過去も現在もずっと安心圏内にいることになります.

仙台市青葉区の水は,水源が北西側にあることが幸いしているのか,放射能水準が低く抑えられています.青葉区の中心部に水を供給している国見浄水場の測定値では,放射性ヨウ素I131が0.5Bq/kg,放射性セシウムが不検出となっています(4月13日現在).東京都の測定値では,4月16日現在で放射性ヨウ素I131が0.30Bq/kg,放射性セシウムが不検出となっていますので,水に関しても東京と仙台は大差がありません.乳幼児の飲料に対する暫定基準値である100Bq/kgを大きく下回り,WHOの安心基準値である1Bq/kgも下回っていますので,仙台の水も安心圏内にあります.

■ 余震について

地震はかなり多いです.慣れてきたので,「またか」と思うだけになりました.こうして書いている間にも,地震がありました.ただ,余震は東日本の広い範囲で発生しているようなので,東京とそんなに状況が変わらないかもしれません.地盤沈下などで陥没している場所があったり,建物の全部もしくは一部が危険な状態にあるため立ち入り禁止になっている所はありますが,仙台市中心部で地震で倒壊した建物を見たことがありません.

■ 大学について

GW空けに授業を開始する予定になっています.私の研究室のあった建物は,倒壊の危険があるため,原則立ち入り禁止となっています.4月末から5月上旬にかけて,研究室の引っ越しが行われる予定で,その準備を進めている段階です.研究室の学生さんたちとは,基本的にskypeでミーティングをしていますが,皆さん積極的に論文を読んだり,プログラミングの課題をこなしたりしているので,感心しています.まだ直接会ったことがない学生がたくさんいますが,研究室でワイワイ楽しくやれる日が来るのを,楽しみにしています.

■ 賑わいについて

昨日は,アーケード街などに出かけてきましたが,渋谷のセンター街と同じくらいの賑わいで,自転車は降りて通行する必要がありました(元々降りて通行するルールになっていますが).ちょうど桜が見頃を迎えていて,花見をしている人たちがいました.

2011.04.17

仙台に来てから早くも2週間

仙台での生活を始めてから2週間くらい経ちました.3月30日の昼間に高速バスで仙台入りし,4月1日に無事辞令を頂いたことは,前回の日記に書いたとおりです.最初の1週間は生活の効率が非常に悪く,家から大学に行くのにバスの乗り継ぎに失敗して1時間以上かかったり,仙台駅からバスで往復2時間くらいかけてカーテンを買いに行ったり,無駄の多い生活をしていました.家から最寄りの地下鉄の駅まで徒歩11分,仙台駅まで15分なので,電車やバスに乗らない方が早いと気づいてからは,生活が若干スムーズになりました(歩き疲れますが).

4月7日の夜中に震度6弱の大きな余震がありました.私は家に居たのですが,かなり揺れるなぁと思ったくらいで,怖いとは感じませんでした(3月11日の本震のときは,東大の研究室に居たのですが,この時の地震の方が長く,かなり揺れ,天井からホコリが落ちてきたので,怖くて机の下に避難しました).揺れている途中で電圧降下みたいな現象を経た後,停電になりました.家にはテレビがないので,すぐさま実家に電話し,状況を聞きました(嫁は寝ていて役に立たず・・・).他の携帯キャリアはどうだったか知りませんが,Willcomはたまに発呼できなかったり,ノイズが乗るものの,電話ができていました.仙台入りに併せて購入したHTC Aria(イーモバイル)も,インターネット・電話ともに使えており,情報収集を行うことができたのでパニックにならずに済みました.その日の午後に入手した自転車に乗り,周辺がすべて停電しているのを確認しました.信号機も停電しているため,大通りの交差点ではあうんの呼吸で車が行き交っていました.電気はすぐには戻らないような気がしたので,そのまま寝ることにしました.停電になると水道も止まる可能性があるので,お風呂に水を張らなければいけなかったのですが,そこまで頭が回っていませんでした.また,このときに色々な方からメール頂きました.ご心配をおかけしました.

4月8日は車の納車&引っ越し荷物搬出&退去のために,朝の高速バスを予約していました.前日の余震の影響で高速道路が通行止めになり,バスが運休になってしまうのではないかと心配したのですが,無事に東京に出ることができました.途中,福島のSAで桃のジュースを買って飲みました.こんな美味しいものが飲めなくなってしまうかもしれないと思うと,やるせない気持ちになります.

桃の恵み

4月8日は,埼玉のホンダの中古車のディーラーさんが,ナンバー登録のため,東京-仙台間を往復することになっていました.ディーラーさんは,陸運局が動いていることを確認してから仙台に向かったのですが,正午過ぎに陸運局が再停電したため,仙台で足止めを食らっていました.最終的には,停電が解消され無事ナンバーを取得できたのですが,ディーラーさんに無駄足をさせてしまったかと,ハラハラしました.9日に引っ越し荷物の最終準備&ゴミ捨てを行い,ディーラーで中古のFitを受け取りました.10日に引っ越し荷物搬出&退去を行い,受け取ったばかりのFitで自走して仙台に戻って来ました.東北道の宮城県内は50km/h制限が出ていたのですが,周りは100km/hくらいで飛ばしているので,ペーパーの私にはちょっと怖かったです.

4月11日からの週は,研究室の引っ越しの準備をしたり,大学の教授会などに出席しました.それぞれの会議の冒頭で,新任着任の挨拶をしました.4月15日は,引っ越しの荷物の搬入があり,冷蔵庫がキッチン手前のドアを通過できないというアクシデントがありましたが,日通さんに知恵と体力を振り絞って頂いて,ベランダの壁を乗り越えることができました.

4月15日の夜は,一人で鳥心をリサーチ.もつ煮と焼き鳥が美味しかったです.4月16日は,運転練習を兼ねて買い物に出かけ,夜は乾さん風のごとくに連れて行ってもらいました.食べ物では,筍の唐揚げと温野菜サラダが絶品.日本酒も美味しくて色々楽しんだら,少々飲み過ぎてしまいました.被害の大きかった地域や酒蔵の話を店長から聞いて,残念な気持ちに.

こんな感じで,ばたばたとした日々を送っていますが,安くて美味しい仙台は健在です.東北全体が元気になるために,自分に出来ることを考え,行動に移していきたいと思います.

2010.06.14

うつぶせで笑顔

昨日撮れた奇跡の一枚.最近急激にかわいくなってる気が・・・.

娘は順調に育っています.特訓(!?)の甲斐あって,首座りと寝返りを3ヶ月でほぼ同時にマスターしました.寝返りは仰向け→うつぶせ方向が得意で,逆はまだ苦手.日中は「仰向け→寝返り→うつぶせ→疲れて泣く→仰向けに戻してやる→懲りずに寝返り」を,ずぅっと繰り返しています.

2010.02.23

μ

先週まで論文執筆モードだったので,ご報告が遅れましたが,娘の名前は心優(みゆ)にしました.この名前を聞いて「当て字っぽくて読めねー」と感じるか,「ありがちな名前」と感じるかで,最近の子供の名前に対する精通度が分かります.人気の名前はあまり付けたくなかったのですが,2009年の名前のランキングに普通に出てきます.文字通り「心優しい」ですが,「優」を漢語林で引くと,「上品で美しい」「みやびやか」「おだやか」「しとやか」「情深い」「のびやか」「ゆるやか」など,女の子にはうってつけの多義が並べられています.

名前を決めるのは本当に大変でした.考えれば考えるほど,自分の探索空間が足りているのか不安になりました.結局は,コンピュータが生成した6,084個(読みで数えた数)の名前の候補から,私と嫁で一つ一つチェックしながら結論を出しました.

名前の候補を生成する流れは,次の通りです.

  1. 名前辞典などを見ながら,名前に使いたい漢字とその読みを入力する
  2. 姓名判断に基づき,よい名前の画数の組み合わせを調べ,入力する
  3. 名前はひらがなの読みにして3文字以内,漢字では2文字もしくは3文字として,可能な名前の候補(漢字と読み)を全列挙する
  4. Google Nグラムコーパスを使って,名前の漢字と読みの頻度が閾値以下のものは刈る.

1はひたすら本を見ながら入力する作業です.日本語の名前には,漢字の読みをほぼ無尽蔵に作り出せる「名乗り」という特徴があります.例えば,「美」という字の音読みは「ビ」,訓読みは「うつく-しい」ですが,「美咲」「美結」など,名前の中では何の違和感もなく「み」と読めます.これは,「み」という名乗りが,一般的に知れ渡っているからです.

IMEの辞書データなど,名乗りを収録していそうな電子データを探したのですが,見つからなかったので,自分で入力することにしました.自分が使いたい漢字だけ読みを入力すればよいし,そもそも名前に使える漢字は常用漢字と人名用漢字の2930字が上限なので,普段の研究で正解コーパスを作る作業よりは,はるかに楽でした.後の処理が楽になるよう,画数毎に入力しておきます.こんな感じです.

[3]
弓	きゅう ゆみ み ゆ
才	さい さ た たえ とし
子	し す こ ず たか ちか とし ね
女	じょ にょ にょう おんな め こ たか よし
小	しょう ちいさい こ お さ ささ
夕	せき ゆう ゆ
千	せん ち かず ゆき
万	まん ばん よろず かず かつ たか つむ ま

[4]
月	つき げつ がつ つき つぎ づき
元	げん がん もと あさ ちか はる まさ ゆき よし
心	しん こころ きよ ここ さね なか み むね もと
仁	じん に きみ さと と ひと み めぐみ よし
日	にち じつ ひ か あき はる ひる
文	ぶん もん ふみ あや いと とも のり み や
友	ゆう とも すけ ゆ

2は,姓名判断により,名前の1文字目及び2文字目を何画にすればよいか求めます.簡単な数式があるのですが,さしあたって自分の苗字に対してだけ機能すればよいので,本や参考資料を元に,可能な画数の組み合わせを入力し,制約条件としました.いろいろな流派や,旧字体を使うか新字体を使うかという問題があるのですが,一般的なものに準拠するようにしました.画数はそれほど重視していないのですが,可能な画数の組み合わせは結構あるので,この画数の組み合わせの中から名前の読みと漢字を生成することにしました.日本人の名前の漢字の分布が,姓名判断によってどのくらい偏っているのか調べると,楽しそうだと思いました.

3は,スクリプトを書いて総当たりに生成するだけです.4により,Google Nグラムコーパスに出現しない名前の読みや,漢字の組み合わせを削除すると,6,084個の候補が生成されました.この中で,女の子の名前としてふさわしくないものを手作業で削除すると,名前の候補は485個まで減りました.この作業も,日頃の研究からするとずいぶん楽な作業なのですが,女の子の名前らしさを表現するfeatureは何なのか,考えさせられる作業でした.読みにしたときに最後に来るひらがなには,かなりパターン化されている感じがしました.

あとは,一つ一つじっくり見ながら検討する段階に入ります.コンピュータが生成した名前を見ていると,「万桜(まお)」「才華(さいか)」「智咲(ちさ)」など,思いもつかなかったものがいくつかあって,感心させられました.

全部コンピュータが作ったような話になっていますが,実際には名前の候補を最初にある程度選んでありました.他の名前候補をコンピュータで探そうとしたものの,最初のインスピレーションが最後まで勝ってしまったというオチでした.やはり,名前で大切なのは読みの雰囲気で,最終的には人間の感性ですね.

2010.01.26

We made it!

意味深なタイトルですが,娘が生まれました.体重は2895グラムと,やや軽めですが,正期産の中では早め(38週)なので,だいたい平均くらいのようです.身長は45.7cmで,平均よりは小さめでした.母子共に無事に生まれてきてくれて,ほっとしています.

赤ちゃんはとにかく元気で,ご機嫌斜めになると,「ギャー」という叫び声を上げ,手を付けられないくらいにキレます.病院では自己主張の強い赤ちゃんと言われているようです.まだあんまり外界が見えないためか,起きていてもそんなに目をぱっちり開けてくれません.なので,あんまりかわいい写真が撮れません.女の子なので,目力をもう少しつけさせたいところです.

先週末から,娘の顔を見に病院に行くのが楽しみな日々になりました.自分の中でコンピュータを超える優先順位のものはないと思ってましたが,子供が生まれると,たやすく最優先が塗り替えられるのですね.