« | »

2011.08.25

JST戦略的創造研究推進事業「さきがけ」に研究課題が採択されました

昨日プレスリリースの通り,JST戦略的創造研究推進事業「さきがけ」の研究領域「情報環境と人」に,自分が申請していた研究課題が採択されました.研究課題名は「知識の自動獲得・構造化に基づく情報の論理構造とリスクの分析」です.研究の概要は次の通りです.

ウェブやソーシャルメディアなどの新しい情報環境により、情報の流通が加速する一方、偏った情報やデマなどの拡散による社会の混乱や不安が増大しています。本研究では、ネット上で言及されている物・事態に関する知識を計算機がロバストに獲得・活用する言語処理技術を基盤として、流通している情報の背後にある論理構造を解析し、その整合性を分析することで、安全・危険に関する多角的な判断材料を人や社会に提供します。

研究総括の石田亨先生の総評にもありますが,この研究は東日本大震災を強く意識したものになっています.世の中の状況に左右されず,研究者は自身の研究に邁進すべきという考え方もありますが,自分の研究を社会にどう役立てるか,高い意識を常に保ちたいと考えています.私も震災復興に関するシンポジウムやミーティング等に参加し,言語処理(さらには情報科学)をどのように役立てるか考えてきました.これらの場で,人命の救助や医療,建物や水道などの生活インフラの復旧,災害に強い情報通信インフラの整備,ソーラーやバイオマス発電などのエネルギー施策,ロボットによる原発対応などの報告を伺う度に,言語処理を役立てることの難しさを感じます(その点,GoogleのPerson Finder自動車通行実績情報マップANPI NLPは,スピード感があってすごく良いプロジェクトだと思います).

ただ,震災後の日本の混乱を見ていると,言語処理の重要性はむしろ増しているように思います.震災ではウェブやソーシャルメディアなどの情報環境が大活躍しましたが,一方で偏った情報の拡散による社会の混乱・不安を招いています.情報技術がどんなに進歩しても,人間の情報処理能力は向上しませんので,大量の情報を有効に活用できません.社会は高度に専門化されているため,そもそも情報の内容を理解できない場合もあります.このような状況では,各人が情報の内容を理解を伴なわず,情報の発信者や怖さといった周辺的情報に基づいて意思決定をしてしまうことになります.さらに悪いことに,Twitterなどで誰もが気軽に情報を発信できるようになると,周辺的情報のみに依存した反射的な情報伝搬が増え,デマや偏見・差別が助長される要因となります.

どの情報が正しいのか人間ですら分からない状況のなか,計算機に情報の正しさを検証してもらうのは不可能です.しかも,最終的に情報を活用して意思決定を行うのは人間です.私も震災後に身の回りの人の説得に失敗した経験があり,人間の意思決定のやり方を変えてもらうことの難しさを痛感しました.このような動機により,意思決定に参考になりそうな情報を自動的,もしくはインタラクティブに提示することで,ユーザの情報処理能力を高めるための支援をしてみよう,というのが本研究のテーマです.

具体的には,ネット上のコンテンツを自動的に分析し,人間が意思決定を行う際に参考となるリスク情報(目的の達成度合い,安全度,危険度)を多角的に集約することを目標としています.このとき,ネット上から自動的に獲得したエンティティに関する知識,イベント及びイベント間(含意関係や因果関係など)の知識を総動員することで,流通している情報の論理構造(例えば二つの文がだいたい同じ事を言っているとか,参考情報としての筋の良さ)を明らかに出来るかどうかが,言語処理研究としての課題となります.

震災後の社会の混乱を目の当たりにしつつ,乾さんの言論マップの現状などを聞きながら,研究の構想を練りました.今まで私が進めてきた研究をキーワードで表現すると,文書自動要約(~D2あたりまで),生命・医学文献からの知識獲得(NaCTeM以降)なので,獲得した知識をきちんと活用し,言語理解に一歩近づいた文書自動要約に挑戦することになるのだと思います.今の自分にはちょっと背伸びした研究テーマであるため,上手くいくのかどうか,不安とワクワク感でいっぱいです.

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.