« | »

2011.04.18

仙台市中心部の生活・環境について

まず,最初に断っておきますが,これから書く内容は仙台市青葉区の中心部(仙台駅や県庁周辺)の話です.仙台市は,東は海,西は山形県に面していて,地震の被害状況が場所によってかなり異なります.海岸に近い地域の被害は悲惨で,瓦礫の撤去作業が完了するまでに半年~1年はかかると言われています.一方,仙台市青葉区の中心部は,震災の被害がないわけではありませんが,被害甚大な地域の方に申し訳ないと思うくらい,日常を取り戻しています.インターネット上を探しても,仙台市中心部の生活・環境に関する情報が乏しく,心配されている方が多いと思いますので,このエントリで仙台市中心部の現状報告をいたします.

■ ライフラインについて

  • 電気・水道は復旧しています.
  • 都市ガスは復旧が遅れていたものの,今では復旧しているところが殆どのようです.
  • 私の家はLPガスですが,震災の影響を受けなかったようです(と,アパートの人から聞きました).
  • 自分が使っているキャリアである,Willcomとイーモバイルは普通に使えます.他の人も,普通に携帯が使えているようです.
  • 光インターネットを申し込んだものの,開通工事がGW直前になってしまいました(新規工事なので仕方がないところ).他の人の状況を見る感じでは,インターネットは普通に使えているようです.
  • 郵便・宅急便とも,ほぼ通常通りの日数で配達されます.
  • 生ゴミの収集は平常通りに戻っています.プラスチック類は,4月末に再開予定のようです.

■ 物資について

  • スーパーの行列は3月末(私が来る前)の時点で解消しています.
  • スーパーではあらゆる物が買えます.ヨーグルトは品薄気味ですが,全く買えない訳でもありません.牛乳は潤沢にありますし,ミネラルウォーターも買えます.カップ麺やパンも普通に売っています.
  • ガソリンスタンドの行列は4月上旬あたりで解消しています.レギュラーガソリンは153~155円/lと高めですが,並ばずに給油できます.
  • 営業時間の短縮はあるものの,デパートは平常通り営業しています.
  • 色々なお店で復興応援セールが行われています.だいたい2割引のお店が多いような気がします.

■ 外食について

  • 都市ガスの復旧の遅れにより,営業が再開出来なかった店が少なくありませんでしたが,今ではかなりの店が営業を再開しています.
  • ガスや材料の調達の都合により,特別メニューになるところが多くありましたが,それも解消傾向にあります.
  • 店を開けたものの,お客さんがあんまり戻ってきていないと聞きます.まだ消費するというマインドには遠いようです.

■ 交通について

  • 仙台市の地下鉄は,台原より北の区間を除き,平常通り運行されています.
  • 仙台市のバスは休日ダイヤで運行されていましたが,4月18日より平日・土・日祝の平常ダイヤに戻りました.
  • ラッシュ時の車の渋滞はものすごいです(震災の影響だけではないと思いますが).
  • 東京への交通は,高速バスの他,仙台空港からの臨時便,仙台-福島間を在来線でリレーした新幹線が使えます.仙台からの新幹線は4月25日から復旧予定のようです.

■ 放射能の影響について

仙台市は,福島第一原子力発電所から北に100kmくらいの位置にあります.仙台市中心部の放射線量は,今日現在で0.08~0.10μSv/hくらいです.仙台市青葉区の放射線量は,以下のサイトから情報を得ることができます.

これらの測定値がほぼ一致しているので,測定データは正確だと思います.この,0.08~0.10μSv/hという値は,平時の2倍くらいの放射線量です.仙台は平時の値がもともと低かったようで,現在の放射線量の値だけを比較すれば,仙台も東京も大差がありません.私は,環境中の放射線量が1μSv/h以下で安心,3μSv/hで警戒,30μSv/hで脱出準備,300μSv/hで緊急脱出という基準を,自分なりに設定しています(妊婦や乳幼児に対応する基準なので若干厳しめです).この基準に照らし合わせると,仙台は過去も現在もずっと安心圏内にいることになります.

仙台市青葉区の水は,水源が北西側にあることが幸いしているのか,放射能水準が低く抑えられています.青葉区の中心部に水を供給している国見浄水場の測定値では,放射性ヨウ素I131が0.5Bq/kg,放射性セシウムが不検出となっています(4月13日現在).東京都の測定値では,4月16日現在で放射性ヨウ素I131が0.30Bq/kg,放射性セシウムが不検出となっていますので,水に関しても東京と仙台は大差がありません.乳幼児の飲料に対する暫定基準値である100Bq/kgを大きく下回り,WHOの安心基準値である1Bq/kgも下回っていますので,仙台の水も安心圏内にあります.

■ 余震について

地震はかなり多いです.慣れてきたので,「またか」と思うだけになりました.こうして書いている間にも,地震がありました.ただ,余震は東日本の広い範囲で発生しているようなので,東京とそんなに状況が変わらないかもしれません.地盤沈下などで陥没している場所があったり,建物の全部もしくは一部が危険な状態にあるため立ち入り禁止になっている所はありますが,仙台市中心部で地震で倒壊した建物を見たことがありません.

■ 大学について

GW空けに授業を開始する予定になっています.私の研究室のあった建物は,倒壊の危険があるため,原則立ち入り禁止となっています.4月末から5月上旬にかけて,研究室の引っ越しが行われる予定で,その準備を進めている段階です.研究室の学生さんたちとは,基本的にskypeでミーティングをしていますが,皆さん積極的に論文を読んだり,プログラミングの課題をこなしたりしているので,感心しています.まだ直接会ったことがない学生がたくさんいますが,研究室でワイワイ楽しくやれる日が来るのを,楽しみにしています.

■ 賑わいについて

昨日は,アーケード街などに出かけてきましたが,渋谷のセンター街と同じくらいの賑わいで,自転車は降りて通行する必要がありました(元々降りて通行するルールになっていますが).ちょうど桜が見頃を迎えていて,花見をしている人たちがいました.

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.