« | »

2011.04.17

仙台に来てから早くも2週間

仙台での生活を始めてから2週間くらい経ちました.3月30日の昼間に高速バスで仙台入りし,4月1日に無事辞令を頂いたことは,前回の日記に書いたとおりです.最初の1週間は生活の効率が非常に悪く,家から大学に行くのにバスの乗り継ぎに失敗して1時間以上かかったり,仙台駅からバスで往復2時間くらいかけてカーテンを買いに行ったり,無駄の多い生活をしていました.家から最寄りの地下鉄の駅まで徒歩11分,仙台駅まで15分なので,電車やバスに乗らない方が早いと気づいてからは,生活が若干スムーズになりました(歩き疲れますが).

4月7日の夜中に震度6弱の大きな余震がありました.私は家に居たのですが,かなり揺れるなぁと思ったくらいで,怖いとは感じませんでした(3月11日の本震のときは,東大の研究室に居たのですが,この時の地震の方が長く,かなり揺れ,天井からホコリが落ちてきたので,怖くて机の下に避難しました).揺れている途中で電圧降下みたいな現象を経た後,停電になりました.家にはテレビがないので,すぐさま実家に電話し,状況を聞きました(嫁は寝ていて役に立たず・・・).他の携帯キャリアはどうだったか知りませんが,Willcomはたまに発呼できなかったり,ノイズが乗るものの,電話ができていました.仙台入りに併せて購入したHTC Aria(イーモバイル)も,インターネット・電話ともに使えており,情報収集を行うことができたのでパニックにならずに済みました.その日の午後に入手した自転車に乗り,周辺がすべて停電しているのを確認しました.信号機も停電しているため,大通りの交差点ではあうんの呼吸で車が行き交っていました.電気はすぐには戻らないような気がしたので,そのまま寝ることにしました.停電になると水道も止まる可能性があるので,お風呂に水を張らなければいけなかったのですが,そこまで頭が回っていませんでした.また,このときに色々な方からメール頂きました.ご心配をおかけしました.

4月8日は車の納車&引っ越し荷物搬出&退去のために,朝の高速バスを予約していました.前日の余震の影響で高速道路が通行止めになり,バスが運休になってしまうのではないかと心配したのですが,無事に東京に出ることができました.途中,福島のSAで桃のジュースを買って飲みました.こんな美味しいものが飲めなくなってしまうかもしれないと思うと,やるせない気持ちになります.

桃の恵み

4月8日は,埼玉のホンダの中古車のディーラーさんが,ナンバー登録のため,東京-仙台間を往復することになっていました.ディーラーさんは,陸運局が動いていることを確認してから仙台に向かったのですが,正午過ぎに陸運局が再停電したため,仙台で足止めを食らっていました.最終的には,停電が解消され無事ナンバーを取得できたのですが,ディーラーさんに無駄足をさせてしまったかと,ハラハラしました.9日に引っ越し荷物の最終準備&ゴミ捨てを行い,ディーラーで中古のFitを受け取りました.10日に引っ越し荷物搬出&退去を行い,受け取ったばかりのFitで自走して仙台に戻って来ました.東北道の宮城県内は50km/h制限が出ていたのですが,周りは100km/hくらいで飛ばしているので,ペーパーの私にはちょっと怖かったです.

4月11日からの週は,研究室の引っ越しの準備をしたり,大学の教授会などに出席しました.それぞれの会議の冒頭で,新任着任の挨拶をしました.4月15日は,引っ越しの荷物の搬入があり,冷蔵庫がキッチン手前のドアを通過できないというアクシデントがありましたが,日通さんに知恵と体力を振り絞って頂いて,ベランダの壁を乗り越えることができました.

4月15日の夜は,一人で鳥心をリサーチ.もつ煮と焼き鳥が美味しかったです.4月16日は,運転練習を兼ねて買い物に出かけ,夜は乾さん風のごとくに連れて行ってもらいました.食べ物では,筍の唐揚げと温野菜サラダが絶品.日本酒も美味しくて色々楽しんだら,少々飲み過ぎてしまいました.被害の大きかった地域や酒蔵の話を店長から聞いて,残念な気持ちに.

こんな感じで,ばたばたとした日々を送っていますが,安くて美味しい仙台は健在です.東北全体が元気になるために,自分に出来ることを考え,行動に移していきたいと思います.

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.